山形県・鶴岡市・酒田市 庄内の注文住宅 新築・リフォーム・リノベーション・床暖房の家

HEATTECH

快適な環境をつくる
ヒートテック構法

夏の暑さ対策

太陽から降り注ぐ太陽光線は、地球上のあらゆる物体を発熱させます。太陽光線の正体である『電磁波』は、物体の表面分子を振動させ、振動した物体は熱を発するようになります。そして物体で発生したその熱は輻射熱として他の物体に移動していきます。 ヒートテック構法は熱移動の75%を占める『輻射熱』を遮断する遮熱工法で、その遮熱素材として用いられるリフレクティックスの熱反射率は99%です。一方、発泡系断熱材の熱反射率は10%です。 断熱材は熱を断つ材と書きますが、実際にはそのほとんど(90%)の熱を吸収し、内部に蓄積していく素材です。このため、夏の昼間に太陽光線(電磁波)によって熱せられた建物や断熱材が夜間になって外気が冷えても蓄えられた熱が輻射熱となって放出されるので外気よりも室内の方が暑いという現象が起こります。 ヒートテック構法は熱を蓄える断熱材と、熱を反射するリフレクティックスの特性を利用し、冷房エネルギーを断熱材に蓄え、外気の影響をリフレクティックスで最小限にしながら冷房効果を持続させていく構法です。

冬の寒さ対策

ヒートテック構法の遮熱素材、リフレクティックスは冬の冷たい外気に対しても効果を発揮します。ヒートテック構法の室内側にある断熱材はその特性から室内の暖かさを蓄えます。そしてその蓄えた熱を外部に逃がさないよう、ヒートテック構法の外側にある熱反射率99%のリフレクティックスが冷たい外気の影響を最小限に抑えます。そして、ヒートテック構法のために開発されたホウ酸処理された高強度断熱耐震パネルと『トリプルエアウォールR』による三層の空気が室内の暖かさを外部に逃がさず、真冬でも快適な温熱環境を保ちます。

省エネ・CO2削減・節電効果

ヒートテック構法は、高強度断熱耐震パネルと超薄型遮熱シートリフレクティックス、そしてトリプルエアウォールRによる優れた遮熱・断熱構造により冷暖房設備の使用頻度を減らし、省エネ・CO2削減・節電に効果を発揮します。

壁内結露・カビ対策

ヒートテック構法は正しい遮熱理論に基づく計画と均一の施工精度を確保できる高強度断熱耐震パネル工法により、1年を通じて居住空間の温熱環境を快適な状態に保ちます。また、同時に高気密・高断熱住宅にありがちな壁内結露の発生、カビの発生を抑えます。